相談事例

四街道の方より司法書士へ会社設立についてのご質問

2018年10月03日

Q:会社設立について、取締役になる人に関して規定はありますか?(四街道)

現在は四街道で会社勤めをしております。いずれはここ四街道で自分で会社を立ち上げたいと思い、準備を進めています。会社設立をする際に取締役を決定しますが、この人選について決まりなど規定はありますか?取締役を依頼したい方がいるのですが、規定などがあるようでしたら再度検討が必要になるため、教えて頂きたいです。(四街道)

 

A:取締役には規定がありますので、事前に確認が必要です。

会社設立をするうえで必須となる取締役ですが、法律により規定があります。下記に該当をする方は会社の取締役にはなれませんので事前に確認が必要になります。

  • 法人
  • 成年被後見人、被保佐人に該当する
  • 会社法、若しくは一般社団法人、及び一般財団法人に関する法律の規定に違反し、又は金融商品取引法、民事再生法、会社更生法、及び破産法上の一定の罪を犯した結果刑に処せられ、刑の執行終了もしくは刑の執行を受ける事が無くなった日から2年経過していない者
  • 上記以外の犯罪を犯し、禁固以上の刑に処せられている者。その執行が終了するまで、もしくは刑を受ける事がなくなるまでの者(執行猶予中の場合を除く)
  • 非公開の会社で、定款に株主でなければならないと定められている場合についての株主以外の者

この5つに該当をしている人物は取締役にはなれません。未成年者については親権者等の法定代理人の許可があれば取締役になる事が出来ます。

また、自己破産をした人物についての扱いですが、自己破産をした人でも取締役になる事が出来ますが、取締役である人物が破産をした場合は取締役ではなくなります。

ご自身で事業をはじめたいと準備を始めると、会社設立についての法律に関係する疑問や不安な要素というものがでてまいります。私共司法書士法人ふらっとは、ここ四街道での会社設立のお手伝いを多数手がけてきております。設立前、準備段階の方のご不安事にも対応いたしておりますので、四街道で会社設立をご検討中の方はぜひお気軽に無料相談をご利用下さい。

 

成田の方より司法書士へ不動産登記についてのご相談

2018年09月03日

Q:成田の自宅を売却するのですが、登記には何が必要になりますか?

現在、成田に住んでいます。私の名義で建てている一軒家になりますが、都合により県外へ引っ越す事になり成田の自宅については売却を検討しています。その際の手続きなどを依頼したいのですが、必要な書類はどのようなものがありますか?(成田)

 

A:次のとおりの書類が必要になります。

売却する場合の必要書類として、下記のものがあります。

  • 登記識別情報、または登記済権利証
  • 印鑑登録証明書
  • 固定資産評価証明書
  • 実印

上記の書類の他に、本人確認ができる身分証明書(運転免許証やパスポート等)も必要です。ご依頼の際には、司法書士へと確認しておく事をおすすめします。司法書士法人ふらっとでは、自宅の売却や購入の際の不動産登記申請を多数お手伝いしております。今回のご相談のように、県外に転居の場合のお手伝いもしておりますので、お困りの方はお気軽にお問合せ下さい。

地元の司法書士として、地域密着でサポートをしておりますので、いつでもお気軽にお問合せ、ご相談にお越しください。

 

富里の方より司法書士へ会社設立についてのご相談

2018年08月03日

Q:会社の場所がまだ決まっていないのですが、会社設立の手続きを進められますか?(富里)

現在千葉県内に会社の設立を予定しています。良さそうな物件が富里にあるので、富里に事務所を構え、会社を設立しようかと考えています。
物件の候補がいくつかあるため、まだどの物件にするか確定はしていません。予算との兼ね合いもあるので決定までに時間がかかりそうなので、先に設立の手続きが進められないかと思っているのですが、可能でしょうか?
会社設立は司法書士さんにお願いするのが良いと聞いたので相談させて頂きました(富里)

A:会社の住所が、千葉県富里市まで決まっていれば会社設立の手続きを先に進めることができます。

この度は司法書士法人ふらっとへご相談をいただきありがとうございます。
会社設立の手続では、まず定款を作成し公証役場に提出をし、認証をしてもらう必要があります。この定款という書類では住所の記載は最小行政区画までで良いとされているため「千葉県富里市」までの住所の記載で手続きを進めることが可能です。
ご相談者様は富里市内の複数の物件で悩まれているようなので、定款は「千葉県富里市」までの住所の記載で先に進めておき、物件が決まり住所が確定したら次の手続きに進まれるのはいかがでしょうか。
公証役場で定款の認証がされた後、法務局へ会社設立の登記申請を行いますが、この際の登記書類には最後までの住所が必要になりますので、登記申請をするまでには会社の住所を決めておく必要があります。
万が一、それまでに住所が決まらない場合には、一旦ご自宅を会社の事務所として登記しておくことも可能ですが、この場合住所が確定した後に住所移転の登録免許税が発生しますので注意が必要です。

 

会社設立の際の登記手続きは司法書士の専門業務となります。
会社設立に関するご相談やご依頼に関しましては是非司法書士法人ふらっとの無料相談をご利用ください。お客様の状況やご希望を伺わせて頂き、親身になって会社設立をサポートさせて頂きます。

家族信託・相続の基本セミナー 司法書士法人ふらっと

2018年07月10日

家族信託・相続の基本セミナー 開催

家族信託・相続の基本セミナー(入場無料)開催します

日時 平成30年7月22日 日曜日

   10:00~11:30(受付時間 9:30~)

会場 四街道市文化センター   千葉県四街道市大日396

お申込み 0120-222-612

司法書士法人ふらっと 四街道事務所 受付時間 9:00~18:00(平日)

※席に限りがございます。事前予約となっております

 

司法書士による 家族信託 相続 個別無料相談会

日時 平成30年7月22日 日曜日

   13:00~17:00

会場 司法書士法人 ふらっと 四街道事務所

   四街道市鹿渡934番地25(千葉銀行四街道支店さん並び)

お申込み 0120-222-612(予約制)

 

 

成田の方より不動産登記についてのご相談

2018年07月02日

不動産を相続しました。不動産の名義変更の基本的な流れを教えてください(成田)

父の名義になっていた不動産の名義変更を行う事にしました。不動産が成田にあるので相談させて頂きました。
父の死亡により、名義変更が必要となったため、私の名前で不動産登記を行おうと思っています。家族にも詳しい者がおらず、自分で色々調べながら進めているのですが、不動産登記について経験がないので方法を教えてもらえますか?(成田)

 

不動産の名義変更(不動産登記)は下記のような手順になります。

  1. 1.遺産分割協議書において不動産の分割方法を決定する
  2. 2.不動産登記(名義変更)の必要書類を集める
  3. 3.登記申請書を作成する
  4. 4.登記する不動産の管轄の法務局に申請する

 

不動産の名義変更は特に期限もなく、ご自身で変更することも可能な手続きです。しかし申請に必要な書類の収集や記入・提出に時間や手間がかかってしまい負担だと感じられる方も多くいらっしゃいます。

また、速やかに名義変更を行わないまま、その不動産を相続した相続人が亡くなってしまった場合には不動産の名義変更のための遺産分割協議に必要な相続人の人数が増えてしまい、手続きが一層複雑になってしまう場合も考えられます。

不動産の名義変更は専門家である司法書士へ依頼することもできる手続きとなります。まずはご自身で挑戦してみて難しそうであれば司法書士へ依頼することも可能ですので、ご相談ください。

 

相続に係わる手続きには手間のかかるものや不慣れな方には難しい手続きもあります。成田にお住まいの方で、不動産登記でお困りのことがございましたらまずは当事務所の無料相談へお気軽にお問い合わせください。当事務所では司法書士がお客様に親身になり対応させて頂いております。

1 / 3812345...102030...

成田・四街道で法律相談なら、司法書士法人ふらっとへどうぞ!

bnr_footer_tel

認定司法書士による無料相談実施中!まずは無料相談のお問合せを下さい!

営業時間   平日 9:00~18:00  

       土曜日 事前予約をされている方のみ、対応させていただいております。

           必ずご連絡をお願いします。
 

 

  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す