相続関係説明図の作成

ここでは、相続関係説明図についてご説明させていただきます。

この相続関係説明図、略して相関図は相続手続きにおいて、必ず必要となる書類です。
ですから、しっかりとポイントを把握してください。

相続関係説明図を作成する場合、紙の大きさ・縦書き・横書きなどの方式は自由です。
また、手書きで作成しても問題ありませんが、消しゴムやその他で簡単で消せるものでは
問題がありますので、パソコンで作成するのが良いかもしれません。

 

必要な書類

  • 亡くなった人の出生から死亡までの戸籍・除籍・原戸籍謄本
  • 亡くなった人の最後の住所を証する書面(住民除票もしくは戸籍の附票)
  • 相続人全員の住民票 相続人全員の戸籍謄本(亡くなった日以降の日付のもの)

この相続関係説明図(相関図)を完成させるためには、戸籍謄本・除籍謄本・原戸籍謄本を
しっかりと読んで、相続人をひとりひとり確認していく必要があります。

この際に、注意が必要なのは、亡くなった方(被相続人)の出生から現在に至るまでの
戸籍を確認しなくてはいけないという点です。

難しいところもありますので、お気軽に専門家にご相談ください。

成田・四街道で法律相談なら、司法書士法人ふらっとへどうぞ!

bnr_footer_tel

認定司法書士による無料相談実施中!まずは無料相談のお問合せを下さい!

営業時間   平日 9:00~18:00  

       土曜日 事前予約をされている方のみ、対応させていただいております。

           必ずご連絡をお願いします。
 

 

  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す