抵当権抹消登記

抵当権とは、お金を借りる際に不動産を担保とする場合に、その不動産に設定されるものです。借金の返済が難しくなった際には、抵当権が設定されている土地から債権者へと弁済されます。

相続財産の中の不動産に抵当権がついていた場合、残っている借金の返済義務についても相続する事になります。この返済義務は、相続人全員にあるため、抵当権のついた不動産を相続した相続人に返済能力が無い場合は、他の相続人にも返済義務があります。

借金の返済が完了した後、法務局へ抵当権抹消登記を申請することで抵当権は消え、土地の売却が可能になります。法務局へ提出する書類は、借金の返済先の金融機関で発行されます。抵当権抹消登記には登録免許税が発生しますので、事前によく確認をする必要があります。

ご不安な点は、お気軽に当事務所にお問い合わせください。初回の無料相談から親身にサポートさせて頂きます。

成田・四街道で法律相談なら、司法書士法人ふらっとへどうぞ!

bnr_footer_tel

認定司法書士による無料相談実施中!まずは無料相談のお問合せを下さい!

営業時間   平日 9:00~18:00  

       土曜日 事前予約をされている方のみ、対応させていただいております。

           必ずご連絡をお願いします。
 

 

  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す