相談事例

富里の方から司法書士への相続相談

2016年04月21日

このページでは富里から寄せられた相続に関する質問の一部をご案内いたします。

Q:相続登記とは何ですか?

A:被相続人が亡くなり、相続が発生したときに被相続人が所有していた、 不動産の名義変更手続きのことをいいます。 不動産以外の預貯金や国債、株式などの債券、あるいは美術品や骨董品は 除きます。

 

Q:相続登記に期限はありますか?

A:相続による不動産の所有権移転登記は、特に期限はありません。しかし、相続登記を済ませておかないと、
売却やその他の処分をすることができない上に、後々手続きが困難になってしまうこともあります。
そのため、相続登記に期限はありませんが、なるべくお早めに手続きをしておくことをお勧めいたします。

 

Q:遺言書があれば、登記はすぐにできるでしょうか?

A:遺言の有効性や、遺言書がどの方法で作られたかによります。公正証書遺言以外の遺言については、
家庭裁判所の検認手続を経た後でないと有効な遺言書として登記に使用することはできません。
遺言書が公正証書により作成されている場合は、検認や有効性の確認をしないでそのまま登記に使用できる
はので、その場合には直ぐに登記をすることが可能です。

成田・四街道で法律相談なら、司法書士法人ふらっとへどうぞ!

bnr_footer_tel

認定司法書士による無料相談実施中!まずは無料相談のお問合せを下さい!

営業時間   平日 9:00~18:00  

       土曜日 事前予約をされている方のみ、対応させていただいております。

           必ずご連絡をお願いします。
 

 

  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す