会社設立・会計業務・各種許認可に関するご相談事例をご紹介いたします。

会社設立

成田の方から司法書士へ会社設立についてのご相談

2019年06月18日

Q:成田で会社設立を検討していますが、まずは相談だけでも大丈夫ですか?(成田)

現在は都内の会社に勤務しておりますが、将来は地元成田で事業を行う事を検討しています。まだ検討の段階ですので実際に会社設立をするには時間がかかるのですが、司法書士の先生へ会社設立に関してのお話しだけを伺いにいくだけでも大丈夫でしょうか?事前に準備が必要なものなどを確認しておきたいと思います。(成田)

A:会社設立のご相談だけでも構いませんので、ぜひお気軽に無料相談までお越しください。

今すぐの会社設立ではなく、少し先の将来に会社設立を検討しているという場合のご相談も随時対応しておりますので、ぜひお気軽にお立寄り下さい。情報を収集する事はとても大切です。事前に準備できる事は多くありますから、今から情報を収集しておく事をおすすめいたします。

司法書士法人ふらっとは、起業をお考えの方のサポートをしております。ニーズに合わせたプランもご用意しておりますので、まずはお客様の今のご不安事をお聞かせ下さい。会社設立の専門家として、必要な準備や手順についてを丁寧にご案内させて頂きます。

会社設立をお急ぎの方には、スピードプランもご用意しております。早急な手続きが必要である場合なども、司法書士法人ふらっとにお任せ下さい。成田での実績は豊富でございますので、安心してご依頼下さい。

四街道の方より会社設立についてのご相談

2019年04月13日

Q:友人と会社設立を行いたいのですが、会社にはどういった種類があるのでしょうか。(四街道)

四街道付近で友人と事業を行うため会社設立を行いたいと思っております。しかし、会社にはどのようなものがあるのか、また何が違うのかが分かりません。教えてください。(四街道)

A:会社設立できる会社には合名会社、合資会社、合同会社、株式会社があります。

会社に関しては合名会社、合資会社、合同会社、株式会社があります。有限会社に関しては2006年(平成18年)に会社法施行に伴い廃止されたため現在は設立できません。(平成18年以前に設立された有限会社については特例有限会社として存続が認められています)

 今回は会社設立ということですので合名会社、合資会社、合同会社、株式会社についてお話いたします。

会社の形態には出資者の責任の範囲が異なる有限責任と無限責任があります。有限責任の場合、出資限度額以上の責任は負いません。しかし、無限責任だと会社が倒産した時などに出資限度額以上に責任を負うことがあるため注意が必要です。

合名会社 出資者全員が無限責任を負う
合資会社 出資者により無限責任と有限責任を負う人が両方存在する
合同会社 出資者全員が有限責任を負う
株式会社 出資者全員が有限責任を負う

以上のことから会社設立の際は合同会社か株式会社をおすすめいたします。

では合同会社と株式会社では何が違うのかというと設立時の手続きに必要な費用は株式会社が21万~25万円+諸費用程度、合同会社は6~10万円+諸費用程度となるため株式会社より合同会社のほうが設立費用は抑えられます。

それ以外にも株式会社の場合役員の任期があるため数年に一度登記費用が掛かりますが、合同会社には代表社員の任期の規定はありません。また株式会社は1年に1度決算公告の義務があり毎年決算書を公開しなければならないうえに、官報等の掲載費用がかかることがあります。費用面で見ると株式会社の方が高くついてしまいますが世間的には株式会社の方が認知度が高いため銀行や取引先などからの信頼を得やすい、採用時にも人材を集めやすい等のメリットがあります。

以上のことを参考にして自分たちの事業にあった会社形態をおすすめいたします。

司法書士法人ふらっとでは、会社設立等のご相談もお受けしております。会社設立に関しては細かな知識などが必要なこともありご自身で創業準備を始めると、会社設立について疑問や不安がでてまいります。私共司法書士法人ふらっとは、四街道周辺の会社設立のお手伝いを多数行ってきております。そのため設立前、準備段階の方のご不安にも対応いたしておりますので、四街道で会社設立をご検討中の方はぜひお気軽に無料相談をご利用下さい。

富里の方より司法書士へ会社設立についてのご相談

2019年02月04日

Q:会社の設立に際し、事業目的とはなんですか?(富里)

現在都内で会社勤めしていますが、地元の富里で飲食業をする予定でいます。事業を始めるにあたり、会社設立時に事業目的を定款へ記載するとありますが、この事業目的とはどういったものでしょうか?また、その他にも会社設立についてのご相談をしたいと思っています。(富里)

 

A:その会社がどのような事業をするのかを表すものが事業目的になります。

富里で飲食業を開業予定との事ですので、これが事業目的になります。事業を始めようとした場合、どのような事業を行うのかという目的をたてて会社を設立します。設立する会社が株式会社であれば、定款と呼ばれる会社のルールブックを作成する事になり、この定款には記載しなければならない絶対的記載事項が決められています。今回の事業目的はこの絶対的記載事項にあたりますので、定款を作成する際には必ず記載をしなければなりません。飲食業を始めるとの事ですが、今度飲食以外にも事業展開の予定がある場合はその事についても記載しておきましょう。設立後に事業目的を追加する事も出来ますが、税金が新たにかかりますので予め決まっている場合には同じタイミングで記載をしておく事をおすすめします。

司法書士法人ふらっとでは、富里の会社設立のサポートをしております。会社の設立に関してのご相談なら、どのようなご相談でもお聞かせ下さい。新たな事業のスタートを所員一同でサポートさせて頂きます。

3 / 912345...

成田・四街道で法律相談なら、司法書士法人ふらっとへどうぞ!

bnr_footer_tel

認定司法書士による無料相談実施中!まずは無料相談のお問合せを下さい!

営業時間   平日 9:00~18:00  

       土曜日 事前予約をされている方のみ、対応させていただいております。

           必ずご連絡をお願いします。
 

「生前対策まるわかりBOOK」に千葉の専門家として紹介されました

生前対策まるわかりブック

当事務所、司法書士法人ふらっとが「生前対策まるわかりBOOK」に千葉の専門家として紹介されました。

  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す
千葉の専門家として紹介されました