会社設立・会計業務・各種許認可に関するご相談事例をご紹介いたします。

会社設立

四街道の方より司法書士へ会社設立のご相談

2020年06月09日

Q:株式会社と合同会社の違いを教えて下さい。(四街道)

四街道での会社設立を検討中です。設立するにあたり会社の形態について教えて頂きたいのですが、株式会社と合同会社の違いについてがよく分からず混乱しています。会社の設立について、株式会社での立ち上げが一般的なものだと把握しておりましたので、この合同会社という形態について詳しく教えて頂きたいです。設立予定の会社は、友人数名が共同で出資をしてくれることになっているため、株を発行した方がいいのではないかと思っていたところです。私が立ち上げようとしている会社は、株式会社か合同会社か、どちらを選択した方がよいのかもアドバイス頂ければと思います。(四街道)

 

A:合同会社と株式会社にはそれぞれ様々な特徴があります

合同会社(LLC)という形態は、平成18年に施行された新会社法によりできた会社形態です。まだまだ認知度は株式会社に比べると低くなりますが、それぞれ特徴がありますのでよく確認をしておきましょう。

まず、合同会社は株式会社で設立するよりも費用を抑える事が挙げられます。株式会社で設立をする場合に定款の認証が必要になります。この定款の認証は公証役場で手続きをしますが、その際に費用が発生してきます。これに対し、合同会社ではこの定款の認証は不要となりますので、その分費用を抑える事ができます。また、株式会社、合同会社どちらについても設立時には登録免許税の納付が必要になりますが、合同会社の場合にはこの登録免許税は株式会社よりも安くなります。

会社運営の面でも違いがあり、合同会社には株式の概念がありませんので、決算報告や役員の任期等の義務はありません。利益配分についても、株式会社の場合には株式所有数に比例して分配されますが、合同会社では出資者間で自由に比率を設定することが可能です。

合同会社のマイナス面として、出資者=経営メンバーが原則となるため、運営の意思決定がスムーズである一方、出資者同士の関係が悪化した場合には経営自体に支障が出やすいという面があります。そして、合同会社という会社形態がまだまだ世間一般には認知度が低いため、他社からの信用性については十分に考慮し判断をする必要があります。

ざっと説明をしてまいりましたが、上記に挙げた以外にもそれぞれ特徴がありますので、どのような会社形態にするかは、ご自身の立ち上げる事業内容や規模、目的なども考慮して検討をしましょう。

実際に、当事務所で四街道での会社設立の依頼をうけてお手伝いさせて頂くことも多くございます。合同会社、株式会社、どちらの会社形態での設立がいいのか判断がつかない、より詳しく説明を聞きたい場合には、四街道の方からの相談実績豊富な当事務所の無料相談をご利用下さい。会社設立に関するお困り事のお手伝いを会社設立に精通した司法書士が親身に対応をいたします。

成田の方より会社設立のご相談

2020年05月05日

Q:会社設立を検討しております。合同会社のメリット・デメリットを教えて下さい。(成田)

地元の成田で会社設立を検討しております。私的には、会社といえば株式会社という認識でしたが、自分なりに調べていたところ、会社の形態には種類がある事は分かりました。その中で合同会社という形態が気になっています。株式会社と合同会社の違いについて教えて頂きたいです。自分に合う形態がどちらなのか、それぞれのメリット・デメリットを確認して、開業の準備ができればと思います。(成田)

 

A:合同会社は株式会社設立より、初期費用が低く抑えられるというメリットがあります。

まずは、株式会社と合同会社の違いという事で、合同会社についてご説明いたします。

相談者様がお調べした通り、会社を設立するときには株式会社・合同会社・合資会社・合名会社の4つの形態から一つを選択することになります。合同会社はこれらの中でも比較的新しく設けられた会社の形態で「LLC(=Limited Liability Company)」と称されることもあります。

LLCの大きな特徴1つに、「間接有限責任」という形態です。これは、出資者である社員は、出資金額の範囲内でのみ責任を負うというもので、社員の議決権も1人1票あり、利益配分については出資比率に関係なく定款の中で自由に設定する事ができます。

LLCのメリットとして、株式会社で設立をするよりも、初期費用が低く抑えられます。株式会社での会社設立には定款の認証が必要ですが、LLCでは不要となりますのでその分の費用が抑えられます。さらに、会社設立時の納付する税金、登録免許税に関してもLLCでの設立の方が株式会社での設立時の半分以下の納税額となります。運営面では、株式会社と違いLLCには株式という概念がありません。そのため、毎年の決算報告や役員の任期についての義務がありませんので、官報等への公告、役員変更登記の定期的な更新を行う必要がありません。

デメリットとしては、出資者が経営メンバーですので運営はスムーズに行えますが、出資者同士の関係が悪くなった場合、経営そのものにも影響がでてしまうということがあります。他には、前述のとおり、新しく設けられた形態なので認知度も低いことから、外部からの信用性があまり高くないことが、取引先によってはマイナス要素になることもあります。

上記以外にもLLCの特徴、株式会社との違いは様々あり、会社設立しようとしている事業内容や規模、将来性や人的な環境などによってもメリットとデメリットの重要度は変わります。

 

無料相談をご利用し、どのような形態で開業するべきか、ご自身の行う事業の目的や運営方針を考慮し決定をするとよいでしょう。成田にお住まいの皆様、お困りの場合には、司法書士法人ふらっとの専門家がアドバイスをさせて頂きますので、まずはフリーダイヤルよりお問い合わせ下さい。会社設立に関するお困り事でしたら、成田での多くの実績を誇る司法書士法人ふらっとにぜひお任せ下さい。

富里の方より司法書士へ会社設立についてのご相談

2020年04月03日

Q:友人と新たに事業を始める予定です。どのような形態で会社設立をしようかと検討していますが、どのような種類がありますか?(富里)

地元の友人と富里で事業を始める予定でいます。そこで、会社の形態に種類がいくつかある事を聞き、自分の事業をどの形態で設立する事が望ましいのかが分からずにいます。アドバイスをお願いいたします。(富里)

 

A:会社設立をする場合の形態として、合名会社・合同会社・合資会社・株式会社があります。

会社の形態として、合名会社・合同会社・合資会社・株式会社の種類があります。以前あった有限会社については平成18年の会社法施行に伴い廃止をされていますので、現在は有限会社での設立はできませんので注意しましょう。※平成18年に設立した有限会社に関しては特例有限会社として継続して存続する事が許可されています。

ここからは、現在設立可能である上記の4種について説明をさせて頂きます。

  • 合名会社    出資者全員が無限責任を負う
  • 合資会社    出資者により無限責任と有限責任を負う人が両方存在する
  • 合同会社    出資者全員が有限責任を負う
  • 株式会社    出資者全員が有限責任を負う

会社の形態には上記の4種がありますが、出資者の責任範囲が異なる有限責任と無限責任にわかれます。有限責任の場合、出資限度額以上の責任は負うことはありません。ただし、無限責任の場合、会社が倒産した際に出資限度額以上に責任を負うことになりますので注意が必要です。このことより、会社の形態としておすすめしているのは、合同会社か株式会社になります。

合同会社と株式会社の違いとして、設立時に必要な費用の差があります。株式会社は、初期費用として21万~25万円+諸費用程度が必要になります。合同会社の場合、初期費用は6~10万円+諸費用程度となりますので、株式会社に比べ合同会社で設立をする方が設立時の費用は抑えることができます。

ただし、一般的には株式会社の方がまだまだ認知度が高いので、銀行から融資を受ける場合や取引先などからの信頼は得やすいのは株式会社といえます。また、人材を集める場合にもメリットとなります。

以上のことを参考に、ご自身の事業に見合った会社形態を検討していきましょう。

司法書士法人ふらっとは、富里の会社設立ご検討の皆様のサポートをいたします。会社を新しく設立したい方等、会社設立に関するお困り事がございましたらぜひ無料相談をご利用下さい。富里の会社設立のお手伝いはこれまでにも多く承っております。どのようなお困り事にも親身に対応をさせて頂いておりますので、まずはお気軽に無料相談へとお越し下さい。

1 / 912345...

成田・四街道で法律相談なら、司法書士法人ふらっとへどうぞ!

bnr_footer_tel

認定司法書士による無料相談実施中!まずは無料相談のお問合せを下さい!

営業時間   平日 9:00~18:00  

       土曜日 事前予約をされている方のみ、対応させていただいております。

           必ずご連絡をお願いします。
 

「生前対策まるわかりBOOK」に千葉の専門家として紹介されました

生前対策まるわかりブック

当事務所、司法書士法人ふらっとが「生前対策まるわかりBOOK」に千葉の専門家として紹介されました。

  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す
千葉の専門家として紹介されました