会社設立・会計業務・各種許認可に関するご相談事例をご紹介いたします。

四街道市

四街道の方から司法書士への相続に関するご相談内容

2016年04月21日

このページでは四街道から寄せられた遺言書に関する質問の一部をご案内いたします。

Q:自筆証書遺言をワープロで作成したものは有効ですか?

A:残念ながら無効です。自筆証書遺言は全文を自筆で書かなければ有効ではありません。ワープロや録画に
よる遺言は偽造・編集されてしまう恐れがあるため、無効になります。

 

Q:ペットに財産を譲るという内容で遺言書を作成したいのですが、可能でしょうか。

A:ペットに遺産を譲り渡すと言う遺言については、残念ながら効力が認められません。 ペット自身に相続させる
事はできませんが、代替案として「ペットの世話をしてくれることを条件として財産を遺贈する」旨の遺言書を
作成するという方法があります。このような遺言にしておけば、あなたの死後、ペットの世話を信頼できる人に
してもらえることが期待できます。

 

Q:既に認知証の初期症状があらわれてい者の場合、遺言することは可能ですか?

A:認知証のが軽度なもので、正常な判断能力を失っていないのであれば遺言をすることは可能です。  
ただ、そのようなケースでは遺言をするときに正常な判断能力があったかどうか後々争いとなる
場合もありますので、精神科医の立ち会いのもと公正証書遺言の形で遺言を残し医師の診断書を
取っておく方が後々のトラブルを回避できます。

四街道の方から司法書士への相続相談

2016年04月21日

このページでは四街道から寄せられた相続に関する質問の一部をご案内いたします。

Q:どんなものが相続財産になるのですか?

A:現金・預貯金・株券・債券・土地・建物・自動車・ゴルフ会員権等の積極財産(プラスの財産)
から、借入金・未払い金などの消極財産(借金)まで、相続財産となります。

 

Q:相続人はどのような場合に、相続人としての資格を失いますか?

A:相続人として資格がないと認定されると、相続人なることは出来ません。このとを「相続欠格」といいます。
被相続人を殺害したり、被相続人に対し、脅迫や詐欺により遺言の取り消しや歪曲、偽造、変造、廃棄、隠匿
した場合です。また被相続人を侮辱したり、虐待したりしたり、そういった著しい非行があった場合には、
被相続人の意思で相続人の相続権をなくすこともできます。これを「相続排除」といい、存命中に家庭裁判所へ
の申請で手続きできます。

 

Q:特別縁故者とは何ですか?

A:法定相続人がいない場合、又は法定相続人がいても全員が相続放棄をしてしまった場合が確定した場合に
以下の条件に該当する人に限って特別に財産を分け与える制度の事です。
・被相続人と生計を同じくしていた者
・被相続人の療養看護に努めた者
・その他被相続人と特別の縁故があった者
は家庭裁判所に対し、相続財産の全部、又は一部を請求することができます。

四街道市から司法書士への相続に関するご相談内容

2016年04月21日

このページでは四街道市から寄せられた相続に関する質問の一部をご案内いたします。

Q:遺産分割が決まった後に遺言書が発見されました。どうなりますか?

A:遺言に消滅時効はなく、法定相続分に優先することから、協議した内容と違った遺言が出てきた場合は
遺産分割協議の内容は無効になります。 

 

Q:相続人の範囲を確定するためにはどうすればよいですか?

A:戸籍謄本を集めることが必要となります。 戸籍は相続人であれば収集することが可能ですが、
弁護士や専門の司法書士に依頼して収集することもできます。 移転登記手続や預金の名義変更等の
手続では戸籍謄本が必要になってきますので、戸籍謄本はあらかじめ収集しておくとよいです。

 

Q:代襲相続とは何ですか?

A:相続人が、相続開始以前に死亡したとき、相続欠格、廃除によって相続権を失った場合に、
相続人の子供が相続人に代わって相続するという制度です。 相続権を失った者を「被代襲者」、
相続人のかわりに相続する子等を「代襲者」といいます。

5 / 7...34567

成田・四街道で法律相談なら、司法書士法人ふらっとへどうぞ!

bnr_footer_tel

認定司法書士による無料相談実施中!まずは無料相談のお問合せを下さい!

営業時間   平日 9:00~18:00  

       土曜日 事前予約をされている方のみ、対応させていただいております。

           必ずご連絡をお願いします。
 

 

  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す