会社設立・会計業務・各種許認可に関するご相談事例をご紹介いたします。

千葉エリア

四街道の方から司法書士への相続相談

2016年04月21日

このページでは四街道から寄せられた相続に関する質問の一部をご案内いたします。

Q:どんなものが相続財産になるのですか?

A:現金・預貯金・株券・債券・土地・建物・自動車・ゴルフ会員権等の積極財産(プラスの財産)
から、借入金・未払い金などの消極財産(借金)まで、相続財産となります。

 

Q:相続人はどのような場合に、相続人としての資格を失いますか?

A:相続人として資格がないと認定されると、相続人なることは出来ません。このとを「相続欠格」といいます。
被相続人を殺害したり、被相続人に対し、脅迫や詐欺により遺言の取り消しや歪曲、偽造、変造、廃棄、隠匿
した場合です。また被相続人を侮辱したり、虐待したりしたり、そういった著しい非行があった場合には、
被相続人の意思で相続人の相続権をなくすこともできます。これを「相続排除」といい、存命中に家庭裁判所へ
の申請で手続きできます。

 

Q:特別縁故者とは何ですか?

A:法定相続人がいない場合、又は法定相続人がいても全員が相続放棄をしてしまった場合が確定した場合に
以下の条件に該当する人に限って特別に財産を分け与える制度の事です。
・被相続人と生計を同じくしていた者
・被相続人の療養看護に努めた者
・その他被相続人と特別の縁故があった者
は家庭裁判所に対し、相続財産の全部、又は一部を請求することができます。

成田の方から司法書士への相続相談

2016年04月21日

このページでは成田の方から寄せられた相続に関する質問の一部をご案内いたします。

Q:連れ子は財産をもらえる権利はないのでしょうか?

A:もらう事はできません。連れ子の場合は再婚した親(妻や夫)は婚姻届により配偶者としての相続権が
認められますが、配偶者と血族相続人のみが「法定相続人」とされるために、血縁関係のない連れ子には
相続権はありません。 

 

Q:相続放棄した場合、被相続人の不動産はどうなりますか?

A:相続放棄の手続きをし、誰も相続する人がいなくなった場合、国のものになります。

 

Q:相続放棄の手続きをした後、撤回することはできますか?

A:相続放棄の手続きが完了した後で、相続放棄を撤回することはできません。しかし、騙された、脅された
などで相続放棄をしてしまった場合の正当な事由がある場合、相続放棄を取り消すことができる場合もあります。

富里市から司法書士への相続に関するのご相談内容

2016年04月21日

このページでは富里市から寄せられた農業での相続に関する質問の一部をご案内いたします。

Q:農地等の相続税納税猶予制度とは

A:相続税納税猶予制度は、農業後継者である相続人が農地を相続し、その農地について農業を継続する場合、
農地等を農業投資価格で評価した価額を超える部分に対応する相続税額の納税を猶予する制度です。

 

Q:相続する土地の一部が農地である場合も、農業委員会等の許可が必要でしょうか?

A:相続による承継の場合、不要です。 一般に農地の名義変更の登記には、農業委員会や都道府県知事の許可を
得なければならず、許可書を添付しなければ、名義変更の登記も認められません。しかし、相続の場合は
通常の譲渡行為とは異なり、被相続人の権利義務の承継になりますので、農業委員会等の許可等がなくても、
相続による名義変更登記が可能です。

 

Q:新農業者年金の加入者及び受給者が死亡したときの届出は?

A:新農業者年金の加入者及び受給者が死亡したときは、すみやかにお近くの農協各支店へ届出が必要です。
加入者の方は、死亡一時金が支給されますので、死亡した方の遺族から請求することができます。
受給者の方は、死亡した月分までの年金で未支給分がある場合は、死亡した方の遺族から請求することが
できます。

18 / 27...10...1617181920...

成田・四街道で法律相談なら、司法書士法人ふらっとへどうぞ!

bnr_footer_tel

認定司法書士による無料相談実施中!まずは無料相談のお問合せを下さい!

営業時間   平日 9:00~18:00  

       土曜日 事前予約をされている方のみ、対応させていただいております。

           必ずご連絡をお願いします。
 

 

  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す