会社設立・会計業務・各種許認可に関するご相談事例をご紹介いたします。

千葉エリア

(四街道)会社設立を自分でやってみようと思いますが。

2017年03月03日

四街道の方から、司法書士への会社設立相談

Q:個人事業でやってきた会社を法人化する予定です。会社設立における知識は特に無いのですが、自分でできるものでしょうか。自身で会社設立する際のメリットやデメリットも教えてください。(四街道)

A:ご自身での会社設立は可能ですが、ご依頼されても費用はほとんど変わりません。

会社設立は全く知識が無い場合には、まずはそれなりの知識も必要ですし、作成する書類もあります。書類が準備できたあとは、各提出先への申請が必要となりますが、法務局や役所への手続きが慣れていない場合には、一度の手続きで済まないこともあります。さらに、設立日が決まっている場合には、ご自身で会社設立をする場合には、予定日に設立できる保証はありません。この場合には、ご自身で会社設立をすることはお勧めできません。また費用面でも、ご自身で設立された場合も、ご依頼いただいた場合もほとんどかかる費用は変わりません。詳しくはこちらをご確認ください。→会社設立ページ

富里の方より、会社設立に関するご相談事例

2017年02月08日

会社設立を検討していますが、手続きの流れを教えて下さい。(富里)

Q:起業を考えていますが、流れが把握できていません。どのような手続きになりますか?(富里)

おおまかに分けて6つの工程になっています。

株式会社の設立の手順として、大まかに6つの工程があります。

①会社設立準備…設立項目、印鑑作成、会社HP等

②定款…定款の作成、認証の手続き

③登記書類の作成…資本金の払い込み、必要書類の記入等

④会社設立登記…法務局にて設立登記申請、登記簿謄本取得

⑤開業の準備…銀行口座の開設、税務署への届出

⑥設立完了…助成金の申請等

ご自身て手続きをする事も可能ですが、内容に不安のある方や知識の無い方は一度専門家へと相談にいき、細かな注意点等を確認する事をお勧めいたします。

四街道の方より、遺言書に関するご相談事例

2017年01月10日

Q:遺言書は財産が少ない私でも作成しておいた方がよいのでしょうか。(四街道市)

遺言書を作成しておいたほうが良いのはどのような人なのでしょうか。私の財産は、不動産1件とわずかな預貯金だけです。遺言書を作成する必要は無いと思っているのですが、周りからは作成したほうがいいと言われます。

A:財産が少ない場合でも以下のような方は遺言書の作成をお勧めします。

  • 相続人同士での争いにならないようにしたい。
  • 財産を妻(夫)に全て相続させたい。
  • 財産を相続人以外の人物に遺贈したい。
  • 法定相続分以外の配分で相続をさせたい。
  • 財産を団体などに寄付したい

財産が少ない場合でも、上記のような場合には遺言書を作成することによって、自身の死後、実現することができます。また、財産が少ないからといって相続人同士の遺産分割協議による財産分与でトラブルにならないとは言い切れません。安易にお考えにならず、ご不安な場合はお気軽にご相談ください。

 

10 / 24...89101112...20...

成田・四街道で法律相談なら、司法書士法人ふらっとへどうぞ!

bnr_footer_tel

認定司法書士による無料相談実施中!まずは無料相談のお問合せを下さい!

営業時間   平日 9:00~18:00  

       土曜日 事前予約をされている方のみ、対応させていただいております。

           必ずご連絡をお願いします。
 

 

  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す