会社設立・会計業務・各種許認可に関するご相談事例をご紹介いたします。

成田市

成田の方より会社設立のご相談

2020年09月04日

Q:新しく会社設立するにあたり、司法書士の先生へ商号についての注意点をお伺いしたいと思っています。(成田)

現在、都内の工務店にて勤務していますが、いずれ独立し自分の会社を立ち上げたいと思っています。新しい会社は、自分の地元の成田にて家事代行をメインとした幅広い事業をしていきたいと考えています。会社の形態を株式会社で設立をする事を検討していますので、その商号についていくつか候補があるのですが、すでに成田で使われていることがわかり再考が必要だと思っておりますが、出来ればその名称を残した商号にしたいと思っています。同じ商号を用いて会社設立をすることは可能でしょうか?また、商号を決める際の注意点などがありましたら教えていただきたいです。(成田)

 

A:合同会社は株式会社設立より、初期費用が低く抑えられるというメリットがあります。

会社設立する際の商号の決め方について説明いたします。

会社設立をするためには様々な規定があります。株式会社の商号を付ける場合にも気を付けなければならない点がございますので、確認をしていきましょう。

株式会社で設立をする場合に定款を作成しますが、この定款へ記載する事項に事業目的や本店所在地等の情報が必要になります。そして、会社の商号について定款作成時の絶対的記載事項の一つであります。商号を決める際のルールと注意点は下記のとおりです。

  • 株式会社は必ず商号に「株式会社」をいれなければならない。これとは反対に「合同会社」や「合資会社」についてはこれらの文字を商号に使用することは出来ない。
  • 商号に含む文字、記号には使用制限がある。使用可能文字は、漢字やひらがな・アルファベット等であり、ローマ数字やスペースを使用することは出来ない。
  • ●●支店、●●支社等、会社の一部門を表すような文字は使用出来ない。
  • 銀行、保険会社などの一定業種については指定の名称を付ける必要があります。また、銀行業ではないのに銀行と名乗ることは出来ない。
  • 公序良俗に反するものや、法律で禁止されている名称は使用不可。
  • 同一所在に同一の商号がある場合には登記はできない。

今回のケースですと、成田の同一所在地でなければ同じ商号を使用することは可能ですが、同業であったり商標登録されているような有名企業と同一の商号を使用することは、混乱を招くことにもつながり相手先が不利益を被ることにもなりかねませんのでおすすめいたしません。

司法書士法人ふらっとでは、成田での会社設立に関して多くの実績がございます。新しく事業をたちあげる皆様のサポートを、経験豊富な所員が最後まで担当いたしますので、安心してお任せ下さい。まずは無料相談へお越しいただき、現在のご状況、お困り事をお聞かせ下さい。

成田の方より司法書士へ会社設立に関するご相談

2020年08月07日

Q:会社設立をしたいので司法書士の先生に相談したいのですが、資本金はいくら用意するのが良いでしょうか?(成田)

地元の成田でセレクトショップをはじめようと思います。運転資金もようやくまとまり、お店をオープンするための準備に入ろうと思います。まずは地元の成田で営業し、ゆくゆくは支店やオンラインでの販売もしていけたらと検討しています。会社の形態は、個人ではなく株式会社にしようと思っています。将来的にどうやっていこうか等、具体的な計画はしているつもりですが、会社設立に関しては初めての事で何から着手して良いのか分からずご相談させていただきました。まず、資本金の設定額についてお伺いしたいのですが、いくらが良いでしょうか。1円から設立できると聞いたことがあるのですが、現実的ではないと思いまして、通常はどのくらいが妥当かご教授いただけますか?(清水)

 

A:最低資本金制度が撤廃され1円から資本金の設定することは可能になりましたが、多角的に考えて、お勧めはしません。

静岡会社設立経営サポート.comにお問い合わせいただきありがとうございます。

ご相談者様のおっしゃるように、平成18年度の会社法制定により最低資本金制度が撤廃され、1円でも株式会社を設立することが可能になりました。この法により会社設立に対してのハードルは低くなりましたが、実際のところ資本金を1円に設定することは多角的に考えてお勧めしません。なぜなら、資本金は一般的に事業主が会社の開業時に会社で使用することを目的として用意した運転資金であり、取引先は、資本金が多ければ将来的に安定した事業運営を期待できると判断します。よって信頼度も上がります。逆に資本金が少額であると、安定した利益を得る前に運転資金が足りなくなる可能性があり、新規の取引先にとっては不安材料になりかねず、契約自体難航する可能性があります。また、資本金が1円だと融資をうけづらくなる可能性があります。

資本金の相場は会社の事業内容や規模にもよりますが、金額によっては後の税金の支払いに関係してきますので注意が必要です。資本金を1000万円未満に設定した場合、条件により、2期目も消費税の納税が免除されます。

清水近郊に在住のみなさま、会社設立について少しでもお困り事やご相談などがございましたら、静岡会社設立経営サポート.comにぜひお越しください。会社設立に精通した専門家が清水のみなさまの創業を全力でサポートし、清水近郊の皆様の親身になって対応させていただきます。また、当スタッフは清水の地域事情に詳しいものが多く在籍しておりますので安心してご相談下さい。なお、初回無料相談も行っておりますのでお気軽にご連絡ください。スタッフ一同、清水近郊の皆様のご連絡を心よりお待ち申し上げております。

成田の方より会社設立のご相談

2020年05月05日

Q:会社設立を検討しております。合同会社のメリット・デメリットを教えて下さい。(成田)

地元の成田で会社設立を検討しております。私的には、会社といえば株式会社という認識でしたが、自分なりに調べていたところ、会社の形態には種類がある事は分かりました。その中で合同会社という形態が気になっています。株式会社と合同会社の違いについて教えて頂きたいです。自分に合う形態がどちらなのか、それぞれのメリット・デメリットを確認して、開業の準備ができればと思います。(成田)

 

A:合同会社は株式会社設立より、初期費用が低く抑えられるというメリットがあります。

まずは、株式会社と合同会社の違いという事で、合同会社についてご説明いたします。

相談者様がお調べした通り、会社を設立するときには株式会社・合同会社・合資会社・合名会社の4つの形態から一つを選択することになります。合同会社はこれらの中でも比較的新しく設けられた会社の形態で「LLC(=Limited Liability Company)」と称されることもあります。

LLCの大きな特徴1つに、「間接有限責任」という形態です。これは、出資者である社員は、出資金額の範囲内でのみ責任を負うというもので、社員の議決権も1人1票あり、利益配分については出資比率に関係なく定款の中で自由に設定する事ができます。

LLCのメリットとして、株式会社で設立をするよりも、初期費用が低く抑えられます。株式会社での会社設立には定款の認証が必要ですが、LLCでは不要となりますのでその分の費用が抑えられます。さらに、会社設立時の納付する税金、登録免許税に関してもLLCでの設立の方が株式会社での設立時の半分以下の納税額となります。運営面では、株式会社と違いLLCには株式という概念がありません。そのため、毎年の決算報告や役員の任期についての義務がありませんので、官報等への公告、役員変更登記の定期的な更新を行う必要がありません。

デメリットとしては、出資者が経営メンバーですので運営はスムーズに行えますが、出資者同士の関係が悪くなった場合、経営そのものにも影響がでてしまうということがあります。他には、前述のとおり、新しく設けられた形態なので認知度も低いことから、外部からの信用性があまり高くないことが、取引先によってはマイナス要素になることもあります。

上記以外にもLLCの特徴、株式会社との違いは様々あり、会社設立しようとしている事業内容や規模、将来性や人的な環境などによってもメリットとデメリットの重要度は変わります。

 

無料相談をご利用し、どのような形態で開業するべきか、ご自身の行う事業の目的や運営方針を考慮し決定をするとよいでしょう。成田にお住まいの皆様、お困りの場合には、司法書士法人ふらっとの専門家がアドバイスをさせて頂きますので、まずはフリーダイヤルよりお問い合わせ下さい。会社設立に関するお困り事でしたら、成田での多くの実績を誇る司法書士法人ふらっとにぜひお任せ下さい。

1 / 912345...

成田・四街道で法律相談なら、司法書士法人ふらっとへどうぞ!

bnr_footer_tel

認定司法書士による無料相談実施中!まずは無料相談のお問合せを下さい!

営業時間   平日 9:00~18:00  

       土曜日 事前予約をされている方のみ、対応させていただいております。

           必ずご連絡をお願いします。
 

「生前対策まるわかりBOOK」に千葉の専門家として紹介されました

生前対策まるわかりブック

当事務所、司法書士法人ふらっとが「生前対策まるわかりBOOK」に千葉の専門家として紹介されました。

  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す
千葉の専門家として紹介されました