会社設立・会計業務・各種許認可に関するご相談事例をご紹介いたします。

成田市

成田の方より不動産登記についてのご相談

2021年01月08日

Q:自宅のローンを完済しましたが、不動産登記について司法書士の先生にお伺いしたいのですが、抵当権登記は自動的に抹消されますか?(成田)

30年前に成田に建てた自宅の住宅ローンを完済いたしました。新築で購入し、自宅を担保として抵当権の登記をしましたが、この登記はローンを完済したら自動的に抹消されるのでしょうか?いずれ売却することも考えており、抵当権の登記が残ったままでは売却するのは難しいと聞きました。売却を視野にいれた不動産登記の手続きについて司法書士の先生にお伺いしたいです。(成田)

A:自動的に抹消されるわけではなく、ご自身で抵当権抹消の手続きをしなければなりません。

ご自宅等の不動産を購入する際に銀行から住宅ローンの融資を受ける場合、購入する不動産は担保となり抵当権を設定することになります。その後、住宅ローンを完済すると抵当権自体は消滅しますが、登記簿謄本に登記されている抵当権は自動的に抹消されるものではありません。ですから、この抵当権抹消の手続きについてはご自身で行う必要があります。ご相談者様がおっしゃるとおり、抵当権の登記が残ったままでは不動産の売却は現実的に考えて難しいと言えます。

通常ですと、ローン完済時に債権者より抵当権抹消手続き書類が送られてきますので、この時に抵当権抹消の手続きまですませてしまう事をおすすめいたします。抵当権抹消の手続きには期限がありませんので、いつ手続きを行っても問題はありません。しかし、この手続きを後回しにすることで後々デメリットとなる事もありますので、トラブルとなる前にローン完済した時点で抵当権抹消手続きを完了するようにしましょう。

住宅ローン完済時に融資先より送付される資料について、一般的に下記のようなものがあります。

  • 弁済証書
  • 登記済証もしくは登記識別情報
  • 登記事項証明書
  • 委任状

上記に挙げた以外に、抵当権抹消登記申請書を作成し、必要書類とともに法務局へと登記申請をします。

 

司法書士法人ふらっとでは、不動産の購入に関する不動産登記のお手続きについてサポートをしております。この不動産登記はご自身で手続きをすることも出来ますが、不慣れな手続きも多く大事な書類を扱うことになりますので、今回のような抵当権抹消などの手続きに関しては不動産登記についての専門家である当事務所までご相談下さい。成田にお住いの皆様の心強い専門家として、最後までお手伝いさせていただきますので、不動産登記に関するお悩みはお気軽に無料相談をご利用下さい。

成田の方より司法書士の先生へ会社設立についてのご相談

2020年11月18日

Q:成田で会社設立を考えておりますが、定款について詳しく教えてください。(成田)

私は先月まで都内で会社員をしておりました。しかし、自分の店を持ちたいという夢を諦めきれず、地元の成田でアパレルショップを開くことを決意しました。株式会社を設立しようと考えていますが、会社設立の事務的な作業について詳しくないので困っているのが現状です。まず定款を作らなければならないと聞きましたが、会社経営の知識に乏しく、そもそも定款とはどのようなものなのか分かりません。詳しく教えて頂けないでしょうか。(成田)

 

A:株式会社を設立するのに定款は必須です。

定款とは、その会社の基本的規則を形式に記載したものです。会社設立を考えていらっしゃる方は定款の作成は必須となります。

定款に記載するのは、会社名(商号)、事業内容、本社所在地、取締役選任に関するルールなどです。また必ず記載をしなければならない、絶対的記載事項があり、記載がない場合には定款自体が無効となってしまいますので注意が必要です。絶対的記載事項は下記になります。

  • 目的(事業内容)
  • 商号(会社の名称)
  • 本店所在地
  • 設立に際して出資される財産の価額又はその最低額
  • 発起人の氏名または名称及び住所

※上記にない「発行可能株式総数」を原子定款に記載しない場合は会社設立の登記までに追記します。

絶対的記載事項の他に相対的記載事項と任意的記載事項があります。相対的記載事項は記載をしていなくても定款は有効ですが、規則としての効力は持ちません。任意的記載事項は、各会社、任意で決めた記載事項となります。

今回の相談者様は、アパレルショップを開業されるとのことで、アパレルショップを行うために必要な営業許可申請が必要です。絶対的記載事項で記載する目的が業種に沿ったものである必要があるため、事前に内容の確認が必要となります。定款について簡単に説明させていただきましたが、ご自身で定款を作成することはとても難しいことだと思います。特に絶対的記載事項の場合漏れがありますと定款そのものが無効となりますので注意が必要です。定款の作成についてお困りでしたら、専門家である司法書士へとご相談いただくことで間違うことなく、円滑に手続きすることが可能となります。

 

司法書士法人ふらっとは、成田を始めとした関東地域で起業を検討されている方のお手伝いをさせて頂いております。ご相談者様の現在の状況や、今後の方針等をおうかがいし、成田の皆様の親身になって最善のご提案をさせて頂きます。会社設立の専門家として、申請書類の作成から、行政機関への申請代行も行っております。成田周辺で会社設立についてお困りの際は、当センターへお任せ下さい。初回相談は無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。成田のみなさまのお問い合わせ心よりお待ちしております。

成田の方より会社設立のご相談

2020年09月04日

Q:新しく会社設立するにあたり、司法書士の先生へ商号についての注意点をお伺いしたいと思っています。(成田)

現在、都内の工務店にて勤務していますが、いずれ独立し自分の会社を立ち上げたいと思っています。新しい会社は、自分の地元の成田にて家事代行をメインとした幅広い事業をしていきたいと考えています。会社の形態を株式会社で設立をする事を検討していますので、その商号についていくつか候補があるのですが、すでに成田で使われていることがわかり再考が必要だと思っておりますが、出来ればその名称を残した商号にしたいと思っています。同じ商号を用いて会社設立をすることは可能でしょうか?また、商号を決める際の注意点などがありましたら教えていただきたいです。(成田)

 

A:合同会社は株式会社設立より、初期費用が低く抑えられるというメリットがあります。

会社設立する際の商号の決め方について説明いたします。

会社設立をするためには様々な規定があります。株式会社の商号を付ける場合にも気を付けなければならない点がございますので、確認をしていきましょう。

株式会社で設立をする場合に定款を作成しますが、この定款へ記載する事項に事業目的や本店所在地等の情報が必要になります。そして、会社の商号について定款作成時の絶対的記載事項の一つであります。商号を決める際のルールと注意点は下記のとおりです。

  • 株式会社は必ず商号に「株式会社」をいれなければならない。これとは反対に「合同会社」や「合資会社」についてはこれらの文字を商号に使用することは出来ない。
  • 商号に含む文字、記号には使用制限がある。使用可能文字は、漢字やひらがな・アルファベット等であり、ローマ数字やスペースを使用することは出来ない。
  • ●●支店、●●支社等、会社の一部門を表すような文字は使用出来ない。
  • 銀行、保険会社などの一定業種については指定の名称を付ける必要があります。また、銀行業ではないのに銀行と名乗ることは出来ない。
  • 公序良俗に反するものや、法律で禁止されている名称は使用不可。
  • 同一所在に同一の商号がある場合には登記はできない。

今回のケースですと、成田の同一所在地でなければ同じ商号を使用することは可能ですが、同業であったり商標登録されているような有名企業と同一の商号を使用することは、混乱を招くことにもつながり相手先が不利益を被ることにもなりかねませんのでおすすめいたしません。

司法書士法人ふらっとでは、成田での会社設立に関して多くの実績がございます。新しく事業をたちあげる皆様のサポートを、経験豊富な所員が最後まで担当いたしますので、安心してお任せ下さい。まずは無料相談へお越しいただき、現在のご状況、お困り事をお聞かせ下さい。

1 / 1012345...10...

成田・四街道で法律相談なら、司法書士法人ふらっとへどうぞ!

bnr_footer_tel

認定司法書士による無料相談実施中!まずは無料相談のお問合せを下さい!

営業時間   平日 9:00~18:00  

       土曜日 事前予約をされている方のみ、対応させていただいております。

           必ずご連絡をお願いします。
 

「生前対策まるわかりBOOK」に千葉の専門家として紹介されました

生前対策まるわかりブック

当事務所、司法書士法人ふらっとが「生前対策まるわかりBOOK」に千葉の専門家として紹介されました。

  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す
千葉の専門家として紹介されました