相談事例

四街道市から司法書士への相続に関するご相談内容

2016年04月21日

このページでは四街道市から寄せられた相続に関する質問の一部をご案内いたします。

Q:遺産分割が決まった後に遺言書が発見されました。どうなりますか?

A:遺言に消滅時効はなく、法定相続分に優先することから、協議した内容と違った遺言が出てきた場合は
遺産分割協議の内容は無効になります。 

 

Q:相続人の範囲を確定するためにはどうすればよいですか?

A:戸籍謄本を集めることが必要となります。 戸籍は相続人であれば収集することが可能ですが、
弁護士や専門の司法書士に依頼して収集することもできます。 移転登記手続や預金の名義変更等の
手続では戸籍謄本が必要になってきますので、戸籍謄本はあらかじめ収集しておくとよいです。

 

Q:代襲相続とは何ですか?

A:相続人が、相続開始以前に死亡したとき、相続欠格、廃除によって相続権を失った場合に、
相続人の子供が相続人に代わって相続するという制度です。 相続権を失った者を「被代襲者」、
相続人のかわりに相続する子等を「代襲者」といいます。

成田・四街道で法律相談なら、司法書士法人ふらっとへどうぞ!

bnr_footer_tel

認定司法書士による無料相談実施中!まずは無料相談のお問合せを下さい!

営業時間   平日 9:00~18:00  

       土曜日 事前予約をされている方のみ、対応させていただいております。

           必ずご連絡をお願いします。
 

 

  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す